中国ニュース

一人っ子政策撤廃へ 労働人口減少や高齢化で

[ 2015-11-11 掲載 ]

北京市で開かれていた第18 期中央委員会第5回総会(五中総会)は10月29日、「一人っ子政策」を見直し、全ての夫婦が第2子を持つことを認めることを決定し、閉幕した。労働人口の減少と急速に進む高齢化のほか、親戚、隣近所同士の付き合いといった文化的なセーフティネットがなくなってきたことが背景にある。新政策の具体的な実施時期は今後、決定する。

健康、食品安全、子育てなどの政策提言、行政を担当する国家衛生和計画生育委員会の王培安副主任は記者の質問に答え、政策見直しにより2030 年までに中国の総人口は14 億5000万人になると予想。今後も人口の多さによる社会発展の難しさと、資源の分配、環境問題といった課題は残るものの、経済、家庭環境の変化に対応した決定と説明している。

国内の人口増加率は近年、目に見えて減少。世代構成では高齢化が加速し、性別では男性の多さが目立ついびつな状態となっている。さらに20 歳から29歳までの出産適齢期に子どもを産む女性が少なくなっており、以前のように子だくさんを良しとする風潮自体がなくなりつつある。

また、核家族化も進行し、3世代が同居し共に面倒を見る機会が失われてきている。近代化に伴って隣近所同士で助け合うといった感覚も薄れてきており、社会的な相互扶助機能の減少と言える。

新政策実施後は、子どもを一人だけ持つ夫婦にこれまで与えられてきたライセンス「独生子女父母光栄証」は発行せず、奨励費支給といった優遇策も廃止する。すでにライセンスを所持している夫婦への優遇は今後も継続となるが、第2子を持った場合は資格を失う。

今回の五中総会は経済の中期目標を定める第13 次5カ年計画(16~20 年)の基本方針を決定するもので、新政策は早い時期にスタートすることが予想されている。【台海網】





【最新記事一覧】
※この情報は上記日付に掲載・更新されたものです。掲載内容を保障するものではありませんので、情報の確認は各店舗または企業へお問合わせください。
  
らくらくプレス最新号



微信(WeChat)公式アカウント開設
上海の情報を日本語で配信中!







おすすめ情報

中国国内滞在の日本人向け旅行サイト
上海発のツアーの検索ならここ
格安航空チケットの一括問い合わせも可能!

中国での就職・転職応援サイト
上海での就職・転職ならここ
豊富な人材会社から求人情報をGET!

中国の不動産検索サイト
上海でのマンション探しならここ
安心な物件をご紹介!


上海の美容情報 [過去記事]
Dione Hair &Make up Salon

らくらく~ぽん

炭酸泉で頭皮の汚れを根こそぎ除去 すっきり地肌のサラサラヘアーが復活! 上海のお洒落スポット永嘉庭に店を構えるDione Hair&Make up Salon。店名の「Dione」は「女帝」を意味し、中国のセレブリティー・・・

[  続きを読む  ]

上海のおけいこ情報 [過去記事]
中天中国語教室

らくらく~ぽん

10年以上の実績を誇る中国語教室 上海で3校目となる天山校を開校!! 広島県で10年以上の実績を誇る「中天中国語教室」が、虹橋校、古北校につづき、上海では3校目となる教室を10月1日、天山路に開校した。経験豊富な講師陣に・・・

[  続きを読む  ]