中国ニュース

“ 唐辛子の王” あらわる 毎日2.5kg、食事代わりにぺロリ

[ 2015-11-03 掲載 ]

河南省鄭州市に毎日大量の唐辛子を食べる男性がおり、“唐辛子の王”として話題となっていることが、10月18日までにわかった。男性は唐辛子を調味料ではなく主食としており、毎日3斤(1.5kg)から5斤(2.5kg)を食している。

この男性は同市新鄭市龍湖鎮在住の李永志さん。取材に対し「朝起きると歯磨きの前に唐辛子。夜もスナック代わりに唐辛子」と自身の“中毒”ぶりを語り、「1日3食、肉がなくても玉子がなくても構わないが、唐辛子がないのは耐えられない」と断言する。

小さい頃から辛いものが好きだったという李さんが本格的に“唐辛子食”に目覚めたのは10 年前。息子がひき逃げ事故に遭い、両足を切断する大けがで、数十万元もの医療費に生活が困窮したのがきっかけだ。

食うに困った李さんは栄養不足で倒れるなどした挙句、とにかく何かを口に入れなければと近くの食堂へ。しかしあいにく目当ての料理が売り切れていたため、テーブルに置かれていた唐辛子2碗を食べた。この時「自分は普通ではない」と自覚し、以降、唐辛子だけで食事を済ませることが増え始めた。

ある食堂では李さんの席の唐辛子の減りがあまりにも早いため、主人から「唐辛子を盗んで持ち帰っているのでは」と疑われたことも。この時は主人、野次馬らの前で唐辛子1碗を一気に平らげ、潔白を証明したという。

その後はその食べっぷりを見た友人の紹介で唐辛子大食い大会で優勝したり、テレビ番組に出演したりと、唐辛子の王として地元の有名人に。現在では自宅でも世界各地から取り寄せた8 種類の唐辛子を栽培するなど、偏愛ぶりはとどまる所を知らないようだ。

身体に変調をきたさないか心配になるが、李さんによると「健康そのもの」で、「唐辛子は鉄分、タンパク質など多くの栄養を含んでおり、風邪やリューマチの予防、脱毛にも効果がある」とうそぶく。

目下の夢は、栽培に手間がかからず年間通して収穫できるインド産唐辛子を地元の名産品に育て上げ、地域経済に貢献することだという。【中華網】





【最新記事一覧】
※この情報は上記日付に掲載・更新されたものです。掲載内容を保障するものではありませんので、情報の確認は各店舗または企業へお問合わせください。
  
らくらくプレス最新号



微信(WeChat)公式アカウント開設
上海の情報を日本語で配信中!







おすすめ情報

中国国内滞在の日本人向け旅行サイト
上海発のツアーの検索ならここ
格安航空チケットの一括問い合わせも可能!

中国での就職・転職応援サイト
上海での就職・転職ならここ
豊富な人材会社から求人情報をGET!

中国の不動産検索サイト
上海でのマンション探しならここ
安心な物件をご紹介!


上海の美容情報 [過去記事]
Dione Hair &Make up Salon

らくらく~ぽん

炭酸泉で頭皮の汚れを根こそぎ除去 すっきり地肌のサラサラヘアーが復活! 上海のお洒落スポット永嘉庭に店を構えるDione Hair&Make up Salon。店名の「Dione」は「女帝」を意味し、中国のセレブリティー・・・

[  続きを読む  ]

上海のおけいこ情報 [過去記事]
中天中国語教室

らくらく~ぽん

10年以上の実績を誇る中国語教室 上海で3校目となる天山校を開校!! 広島県で10年以上の実績を誇る「中天中国語教室」が、虹橋校、古北校につづき、上海では3校目となる教室を10月1日、天山路に開校した。経験豊富な講師陣に・・・

[  続きを読む  ]