中国ニュース

入学式へ自転車で2500km 黒龍江省の19歳女性、江蘇省まで

[ 2015-10-20 掲載 ]

江蘇省揚州市の揚州大学に今年入学した19歳女性が、入学にあたり出身地の黒龍江省から2500kmの道のりを自転車で走ってきたことが最近わかり、クラスメートらを驚かせている。

この女性は、黒龍江省虎林市出身の楊琬滢さん。揚州大学信息工程学院に入学して1週間後、楊さんの席にあった自転車旅行日記をクラスメートが見つけたことから、旅の事実が知れ渡った。

楊さんによると、自転車旅行は8月14日に虎林の実家を出発。吉林省、遼寧省、河北省、天津市、山東省を駆け抜け、9月5日午前に揚州へ到達した。真夏日や大雨といった過酷な天候、何度もパンクトラブルに見舞われた日々だった。食事は携帯しやすい粉ものや、塩分が取れるものを中心に簡単に済ませ、夜は安宿で身体を休めた。総距離は2464kmになる計算だ。

「辛くてやめようと思ったことは」との記者の質問には、「何度も思ったけど、もうこんな機会はないかもと歯を食いしばった」と返答。「新しい景色を見て、写真を撮って…旅の高揚感を感じている時間も長かった。スイカで有名な(黒龍江省の)寧安を通った時は、売り物にならないスイカが道に沢山捨てられてあって、地面に座ってお腹いっぱい食べたわ」と頬を緩めた。

本格的な自転車旅行は、実は2度目。4年前、15 歳だった楊さんは、西藏チベット自治区への自転車旅行を、父から誘われた。非常に驚き、人生で初めて自分で決める大きなことだったと振り返る。決心して参加、たどり着いた同区では、現地住民の信仰の厚さに心打たれた。「私がそれまで辛いと思っていたことも、あの人たちにとっては日常のことだった。山や川、大地の息吹を全身で感じた」と、興奮気味に当時を語る。

今回揚州への自転車旅行を家族に打ち明けた時、真っ先に賛成してくれたのも父。計画を聞いた父は、すでに楊さんが子どもではないと悟り、多種多様な経験をさせるべきと考えた。楊さんも道中、頻繁に家族に連絡を入れ、心配させないよう気を配った。

入学後も自転車は趣味として続けており、大学での勉強についても「専攻のコンピューターについて、まだ知らないことだらけ。だけど努力する道が見えているのだから、それがどれだけ遠くとも全く問題ない」と前を向く。夢があるのに行動せず、すぐあきらめてしまう若者が多い中、クラスメートや教員も楊さんには「行動すること、頑張り続けることの意味を身をもって体現してくれている」と尊敬の眼差しを向けている。【揚州晩報】





【最新記事一覧】
※この情報は上記日付に掲載・更新されたものです。掲載内容を保障するものではありませんので、情報の確認は各店舗または企業へお問合わせください。
  
らくらくプレス最新号



微信(WeChat)公式アカウント開設
上海の情報を日本語で配信中!







おすすめ情報

中国国内滞在の日本人向け旅行サイト
上海発のツアーの検索ならここ
格安航空チケットの一括問い合わせも可能!

中国での就職・転職応援サイト
上海での就職・転職ならここ
豊富な人材会社から求人情報をGET!

中国の不動産検索サイト
上海でのマンション探しならここ
安心な物件をご紹介!


上海の美容情報 [過去記事]
Dione Hair &Make up Salon

らくらく~ぽん

炭酸泉で頭皮の汚れを根こそぎ除去 すっきり地肌のサラサラヘアーが復活! 上海のお洒落スポット永嘉庭に店を構えるDione Hair&Make up Salon。店名の「Dione」は「女帝」を意味し、中国のセレブリティー・・・

[  続きを読む  ]

上海のおけいこ情報 [過去記事]
中天中国語教室

らくらく~ぽん

10年以上の実績を誇る中国語教室 上海で3校目となる天山校を開校!! 広島県で10年以上の実績を誇る「中天中国語教室」が、虹橋校、古北校につづき、上海では3校目となる教室を10月1日、天山路に開校した。経験豊富な講師陣に・・・

[  続きを読む  ]