特集

老外オススメ週末ブランチ

[ 2015-10-28 掲載 ]

1

気になる外国人の普段使いを紹介!

日本人をはじめ多くの「老外」(中国語で外国人の意味)が暮らす上海。彼らは一体、どこでどんなものを食べているのだろうか。週末はやはり、お気に入りの店でブランチを楽しむのだろうか…? 今回は編集Yのリアル友人である、出身国の異なる4人にお気に入りのブランチをリサーチ。多様な彼らの生態とともに紹介する。

2

上海在住8 年。中国語と少しの日本語が話せ、簡体字、繁体字、カタカナの読み書きができる東アジア文化オタク。日本文化では、谷崎潤一郎や三島由紀夫の小説、鈴木清順の映画、アニメ「パンティ&ストッキング」が好き。普段は物静かだが、お酒を飲むとオリジナルダンスを踊りだし、手がつけられなくなる。子どものころ父親が狩ってくるトナカイ肉を毎日食べさせられ、ベジタリアンになった。

Nepali Kitchen のベジタリアン・ターリー

癒しのヘルシーカレー

3

ヨハンが8 年もの間毎週食べ続けているというカレーセット。レンズ豆やスパイスの風味豊かなダルカレー、ベジタブルカレー、ほうれん草の唐辛子炒めで大盛りのライスもぺろり。どれも油控え目の優しい味わいで、お腹にももたれず休日のリラックスタイムにぴったりだ。生野菜とトマトのペースト、甘酸っぱいヨーグルト、ドリンク付き。ランチタイムのみ提供。

Nepali Kitchen

住所:黄浦区巨鹿路819 弄4 号  021-5404-6281(中国語、英語)

営業時間:[Lunch]火~金11:00~14:00、土日11:00~15:00、[Dinner]日~木18:00~22:15、金土18:00~23:00
      ※月曜は夜のみ営業

4

米ボストン出身の爽やか好男子。大学卒業後、「人と違ったことがしたい」と07年に広東省広州市の企業に就職。本業以外に、企業のイメージビデオ出演や、司会や歌手など“外タレ” としても活躍。とあるパーティーにて2000 人の前で歌ったことがあるという。ちなみに当時の体験を書いたエッセイが今年7 月、ニューヨーク・タイムズに掲載されている。上海には14 年から滞在。

Eggのアボカド・トースト

レモン、バジルであっさり

555元

サムの最近のお気に入りは、6月にできたばかりのカフェ「Egg」が提供するオープンサンド。香ばしいパンに載ったアボカドペーストは、フェタチーズ、レモン、チリ入りであっさりかつコク旨。さらにミント、イタリアンパセリがいいアクセントになっている。「軽くておいしい! ベーコンやバターを使う油っこいアメリカのブランチとは大違いだよ」といい笑顔で語ってくれた。

Egg

住所:黄浦区襄陽北路12号

営業時間:8:00 ~18:30

7

南ベトナム生まれ、仏ボルドー育ち。パリでアニメーションを学んだ後、ディズニーの作画などで経験を積み上海へ。自慢は学生の時に「ルパン三世」「未来少年コナン」で知られるアニメーター、大塚康夫氏の授業を受けたこと。植物や小動物が好きで、週末のたびに市場で植木やザリガニを買ってきては上海人の妻になじられている。中でも盆栽とランのコレクションは壮観。

CYCLO のバインセオ

9

ポイントはパリパリ食感

ルアンの大好物は、ベトナム南部の特色料理バインセオ。殻付きのエビや豚肉、もやしが薄い皮に包まれている、お好み焼きのような一品だ。彼曰く、同店のものは生地のパリパリ感が理想的で本場さながらだとか。添えられたバジル、ミントなどのハーブと一緒にいただくと、後味爽やか。店が用意しているのは金土日のみのため注意。そのほかの日は前日までの予約で提供する。

CYCLO

住所:静安区陝西北路678号

電話番号:021-6135-0150

営業時間:月~金11:00~15:00、18:00~22:00、土日11:00~22:30

8

体のあちこちに入れられたタトゥーがいかついハードコア、ノイズミュージックファン。日本のバンドでは「ボリス」や「ボアダムス」が好き。ライブハウス「Inferno」にて12 年から開催されている「エアギター大会」の第3回、第4 回優勝者でもある。上海歴は2 年。街で見かける広告やポスターのデザインが気に入らないと長々と愚痴るなど、見かけとは裏腹に細やかな性格をしている。

The Public のチキン& ワッフル

6

巨大チキンタワーに愕然

鶏肉好きのハビエルを虜にしたのは、ワッフルの上に3つのフライドチキンが積み重なった、本人と同様にインパクト大な見た目のこちら。共にサーブされるジャムやメープルシロップをかけた甘いワッフルと、コショウが効いたザクザクチキンとが相性ピッタリ。これに出会ってから上海中のチキンワッフルを食べ歩いたというハビエル。同店のものが「見た目も味も一番!」だとか。

The Public

住所:黄浦区襄陽南路174号2 階

電話:021-6417-1679

営業時間:11:00~ 翌2:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 





【最新記事一覧】
※この情報は上記日付に掲載・更新されたものです。掲載内容を保障するものではありませんので、
情報の確認は各店舗または企業へお問合わせください。