特集

雨でもへっちゃら 上海海洋水族館へゴー!

[ 2015-07-02 掲載 ]

 1

アジア最大級の水族館で、世界の水生生物とご対面!

連日の雨と蒸し暑さから、ついつい家に閉じこもりがちになるこの季節。気分をリフレッシュするには、天候に左右されずに楽しめる屋内型レジャー施設がおすすめだ。そこで今回は、浦東エリアに位置するアジア最大級の大型水族館「上海海洋水族館」を見所と共に紹介。水槽を涼しげに泳ぐ世界の魚たちを観賞する、初夏のワールドツアーに出発進行!

About上海海洋水族館

 2

02年2月にオープンしたアジア最大規模を誇る水族館。総面積約2万500㎡、地上3階地下2階建ての広い館内には、約300種類1万匹もの水生生物が飼育されている。なかでも注目は、ラストに待ち構える世界最長155mの「海底トンネル」。頭上を横切る巨大なサメや、優雅に泳ぐ美しい熱帯魚などに囲まれて“水中の旅”を満喫できる。出口付近にはぬいぐるみを中心とした土産物屋もあり。出会った生物たちに思いをはせて、ついつい欲しくなるかも?

3

住所:浦東新区陸家嘴環路1388号(×東園路) 
電話番号:021-5877-9988 営業時間:9:00~18:00(最終入場17:30)※夏休み、国慶節、春節期間は21:00まで(最終入場20:30)
料金:160元 交通:軌道交通2号線陸家嘴駅より徒歩約6分
URL:www.sh-soa.com

 

エリア別展示

4

5大陸4大洋からやってきた世界の水生生物を生息エリアごとに展示。地上3階から地下フロアまで、「中国」「南米」「オーストラリア」「アフリカ」「東南アジア」「冷水」「極地」「海岸」「海底」の9エリアを順に巡るコースとなっている。動物のオブジェなど、各エリアを象徴するテーマパークのような装飾にも注目。水生生物の生息地が楽しみながら学べるだけでなく、思わず世界旅行をしている気分に!

フロアガイド

1

 

水中トンネル

3階南米陸エリア 超大型淡水魚

5

3階オーストラリアエリア 水中エスカレーター

1

2階冷水エリア アザラシ

8 9

人間の前をいったりきたり、水槽の中を縦横無尽にスイスイ泳ぐアザラシたち。まるで一緒に遊んでいるみたい!

地下海底エリア 海底トンネル

7

歩く歩道で進む世界最長155mのトンネル水槽。沿岸の珊瑚礁や、群れをなして泳ぐ海水魚、さまざまな種類のサメなど、進んでいくごとに違った海中の景色が楽しめる。

 

 水生生物5選

クラゲ 2階海岸エリア

11 10

暗闇の中を漂うクラゲ。色鮮やかな光に透かされフワフワと泳ぐ姿は、見ているだけで癒されてしまう。

タツノオトシゴ 2階海岸エリア

13

お腹がぷっくりと膨れているのが実はオス。メスはオスの腹部にある袋に卵を産み、袋の中で稚魚になるとオスが“ 出産” するんだとか。

ウィーディ・シードラゴン 2階海岸エリア

12

タツノオトシゴの近縁種にあたる。入場券のイラストのモデルにもなっているので必見!

ペンギン 2階極地エリア

 15

金のナマズ 3階中国エリア

14

100万分の1の確立で突然変異したというナマズ。金色のボディと真っ赤な目をした姿が美しい。

 





【最新記事一覧】
※この情報は上記日付に掲載・更新されたものです。掲載内容を保障するものではありませんので、
情報の確認は各店舗または企業へお問合わせください。